カンボジア総選挙結果

インターンの萩原です。

先月行われたカンボジアの総選挙に選挙監視団として関わらせていただきました。

8月12日に国家選挙管理委員会(NEC)によって公式な結果が発表されましたので報告いたします。

 

先月28日に投開票が行われたカンボジア総選挙。当日の政府発表での結果は、30年以上政権を握り続けるフン・セン首相率いる与党CPP(カンボジア人民党)が68議席を獲得し、対する野党CNRP(カンボジア救国党)の55議席を上回っての勝利であった。翌日、与党が発表したこの暫定結果に対して、CNRPは選挙で重大な不正があったとして受け入れを拒否。CNRP党首であるサム・ランシーは与野党、国連、国際NGOなどからなる調査専門委員会の設置を申し出た。同月31日には、不正がなければ少なくとも63議席を獲得したとしてCNRPが勝利宣言をした。CPP、CNRPの両党が勝利宣言をするという状況に陥った今回の選挙だか、今月12日に暫定公式結果がNECにより発表された。不正の異議申し立てがあったものの、CPPの勝利は変わらず。それでも議席数に多少の変動があり、CPPが67議席、CNRPが56議席を獲得ということとなった。なお、コンポンチャム・プノンペン・プレイベン・カンダールの4つの主要選挙区ではCNRPが勝利したということも合わせて発表された。CNRPはこの公式結果についても受け入れを拒む姿勢をみせ、予断を許さない状況が続く。

 

以下のリンクも合わせてご覧ください。

 

各選挙区の得票数 

http://cambodianelections2013.wordpress.com/2013/08/13/cambodia-elections-2013-breakdown-of-official-preliminiary-results/

 

NEC公式発表

http://www.cambodiadaily.com/elections/official-nec-election-results-show-cpp-victory-39106/

 

 

萩原

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    sextel (水曜日, 01 11月 2017 00:51)

    Diderot